awsはサーバレスで運用できるというのはどういう意味か

awsを使うとサーバレスにすることができ、色々な業務システムや業務アプリ、あるいはショッピングサイトなどを運用できると言われています。そのためにはサーバーがどうしても必要ではないかと思う人も多いでしょう。

awsならサーバレスにできるというのはどういう意味なのでしょうか。その意味と運用の実態について簡単に紹介します。

awsはクラウドコンピューティングのサービス

awsならサーバレスで大丈夫ということの意味を理解するためには、そもそもawsがどんなサービスなのかを知る必要があります。awsはアマゾンウェブサービスの略称で、ウェブを使いたい企業をターゲットにした総合的なサービスを提供しています。

その基盤になっている技術はクラウドコンピューティングです。awsは業務システムなどのクラウドサービスとは違い、ユーザーがそのまま使用できるシステムを提供しているわけではありません。そのシステムを導入することも可能なサーバーとして使用できる領域を提供しています。

サーバー上のシステムではなく、そのもう一つハード側に近い階層のクラウドサーバーそのものを提供していると考えるとわかりやすいでしょう。awsではただ領域を提供するだけでなく、その領域上にサーバーとして使用可能なインスタンスを作成し、インスタンス上でシステムを構築するのに有用な各種サービスも提供しています。

簡単に実装することができて、各サービスの連携もしっかりとしているのが魅力です。このようにサーバーやサーバー上で利用可能なサービスを整えることで、クラウドコンピューティングを簡便に行えるようにするためのプラットフォームを提供しているのがawsです。

awsでもクラウドサーバーを使用する

awsを使うとサーバレスになるという話を単純に考えると矛盾点があるのに気づいた人もいるでしょう。awsを利用するときにはawsが管理運営をしているサーバーの領域を割り当ててもらうことになります。そして、その領域をサーバーのようにして使用することにより業務システムやアプリなどを使えるようにして運用していくのが基本です。

したがって、awsを使うときにもクラウドサーバーを使用する必要があるのです。ただ、一般的に言われるサーバーとは違う面があるので、サーバレスで使えると説明されることが多くなっています。

awsならサーバレスの意味とは

awsを利用すればサーバレスになると言われるのは、一般的なサーバーを運用するのと違ってサーバー本体の管理が必要なくなるからだというのが一般的な見解です。

自社サーバーを運用するときにはサーバー本体をまず用意しなければならず、その本体と利用する機器の間で正しくネットワークを組まなければなりません。そして、サーバーの運用を始めたら常に安定して稼働するようにメンテナンスをしていく必要があります。

このようなハードウェアに関する管理が必要なくなるので、awsはサーバレスと考えられているのです。ハードウェア部分がなくなるとサーバーの管理業務の負担は半減されます。保守や点検をする労務負担がなくなり、障害発生時にも原因の特定のためにハードまで確認に行かなくても良くなることから迅速な原因究明と対応が可能になるのが魅力です。

ネットワークに詳しくないエンジニアでもサーバーについての理解があれば運用に対応することができるのもメリットでしょう。物理的なトラブルを懸念しなくて良い場合にはソフトウェアベースでの監視が可能です。ソフトウェアで取得した情報に基づく管理が可能なので、自動処理のスクリプトも作りやすいことから業務負担を長期的に見ても軽減していくことができます。

さらに、サーバーを構築するためにはスペースと費用が必要になります。サーバーのサイズや安定稼働させるためのバックアップの取り方によってはかなり広いスペースが必要です。さらに本体の購入に加えてネットワーク機器や配線についても準備しなければならないことから数百万円くらいは初期費用がかかってしまいます。

本体が必要なくなるだけで大幅にコストが削減されるのは明らかでしょう。

awsの運用で最も重要な監視の基礎

サーバレスのもう一つの意味とは

awsを使うとサーバレスになるというのにはもう一つ意味があります。ハードウェアの管理を気にしなくて良いというだけなら一般的なクラウドサーバーやレンタルサーバーと同じではないかと考えることもできるでしょう。

awsが通常のサーバー提供サービスと異なっているのは容量が固定化されていないことです。サーバーのディスク容量やメモリ容量、CPUなどについてawsでは可変になっています。どれだけ容量を使ったかによって料金が発生する仕組みになっているのが特徴で、節約すれば安上がりになる一方で、必要時に積極的に使えばサーバーを増設せずとも高いパフォーマンスで作業をすることができます。

このような対応はサーバーを構築して運用している場合には成し得ないことです。クラウドサーバーに可変性を盛り込むことでawsが提供できるようにした独自のサービスで、このあり方をサーバレスと解釈するという考え方もあります。

サーバレスのメリットとデメリット

awsのサーバレスサービスはメリットもデメリットもあります。ハードウェアの導入が不要で初期容量をどの程度にすべきかも詳しく考える必要がないという点で、awsはサーバー運用を始める上でかなりハードルが低くなるのがメリットです。

運用についても業務負担が軽くなるので、今までサーバーを運用したことがない現場でも導入しやすいでしょう。さらに、可変性があるので将来的にもっと大きなサーバーが必要になったというときにも料金が高くなるだけで特に工事などをする必要がありません。

そして、サーバーの縮小が可能になったときには料金を抑えることができるのもメリットです。一方、無駄な使い方をしていると料金がかなり高くなってしまうのがデメリットです。現場での使用方法についてしっかりとルールを定めて遵守を呼び掛けていかなければ予算管理が困難になってしまいます。

サーバレスの意味を理解して検討しよう

awsを使ってもクラウドサーバーを運用することになるのでサーバーは使用します。サーバレスになる意味はサーバー本体のハードウェアを管理しなくて良くなるということです。さらに、容量に可変性があるので適性な容量を料金の支払いだけで常に維持できる点もawsのサーバレスの意味として捉えられています。

このような特性を理解した上で使うかどうかを検討するのが大切です。